血中からダイエット

1ヶ月あたり千円から2千円

ダイエット

脳梗塞や心筋梗塞など、生命にかかわる大きな病気は、血液がドロドロになってしまうことが原因のひとつとされています。血液は、コレステロールによってドロドロの状態になるのですが、すると血管内をスムーズに流れることができなくなり、梗塞状態を招いてしまうのです。 そのため昨今では、血中のコレステロールを減らすことのできるDHAとEPAのサプリメントを飲む人が増えてきています。DHAとEPAは、青魚を食べることでも摂取が可能なのですが、サプリメントなら食事よりも手軽に適量を摂取できるのです。 価格も健康食品の中では比較的リーズナブルで、1ヶ月あたり千円から2千円ほどで販売されていることが多いです。1日あたり数十円なので、青魚を毎日購入して調理するよりも、経済的な負担が少ないと言えます。

抗酸化物質と一緒に摂取

DHAやEPAは、活性酸素の影響を受けやすい成分なので、サプリメントを飲んでも体内で変質してしまうことがあります。それを防ぐためには、抗酸化物質と一緒にDHAやEPAのサプリメントを摂取することが有効とされています。 抗酸化物質にはビタミンEやセサミンなどがあるのですが、一緒に摂取すると、これらが先に活性酸素の影響を受けてくれます。そのためDHAやEPAが影響を受けずに済み、その分血中のコレステロールが減りやすくなるのです。 DHAとEPAのサプリメントの中には、最初からこういった抗酸化物質が一緒に配合されているものもあります。それを飲むことで、血液はより流れやすくなりますし、脳梗塞や心筋梗塞のリスクは一層下がっていくことになります。