査定したその日のうちに

自動車

やや低めの査定価格

業者による車の買取には、一般的には3〜7日ほどの日数がかかります。これは業者が、自社と売却する側の双方の利益となる、適正な査定価格をつけようと努力するからです。対象となる車の機能や衛生状態などを細かく調べ、その上で査定をするのです。そのため、買取を依頼してから代金が支払われるまでに、数日かかることが多いわけです。銀行振り込みで支払った場合は、銀行側での手続きの関係上、入金までの日数がさらに加算されることもあります。そのことから、売却を急いでいる人の多くが、即金での車の買取をする業者を利用しています。即金ですから、査定をしたその場で代金が現金で支払われます。しかも査定はスピーディで、早ければ10〜15分で完了します。つまり車を持ち込んでから30分以内に、現金を手にして帰路に就くことができるわけです。そのため即金での買取には高い人気がありますが、ただし査定価格は、通常よりも多少低くなります。なぜなら査定時間が短いわけですから、その車の長所や問題点を十分に調べることができないからです。簡単には確認できない場所に問題がある可能性を考慮して、業者は低めの価格をつけるのです。車の状態によりますが、新車価格の5分の1ほどが相場です。年式などによっては、10分の1程度になることもあります。しかしスタッフの腕が良く、スピーディでもしっかりとチェックできる業者に依頼すれば、日数のかかる査定とほぼ同じ価格をつけてもらえます。新車価格の3分の1ほどが即金で支払われることもあるので、こういった業者は特に注目されています。

人気記事

バイク

サービスと価格の適正化

バイク査定は、全国展開する大手企業から地域に密着した中小の企業まで数多くあります。その中で、バイク査定に実績や経験が豊富な業者に依頼することが大切です。業者に依頼するメリットは、面倒な名義変更手続きの代行や、動かなくても自宅まで無料出張査定が頼めることです。

自動車

マイカーを賢く手放すコツ

ボディーが損傷している場合には、事故車の買取にも対応している業者に相談すると、マイカーもスムーズに処分できるでしょう。通常の愛車の現金化では、一括査定サイトを利用するケースが多く、店舗で担当者と交渉するのが高値売却のコツです。