魚不足をカバーする

魚を食べる代わりにEPAを摂取

ダイエット

魚の栄養は、体にとって大切です。特に、青魚に多く含まれているEPAは、血液をさらさらにする効果があり、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病になるのを予防する役割があります。そのため、コレステロール値が高い方や、魚をあまり食べない方は、積極的に摂取したい栄養素です。毎日取り続けることが大切なので、サプリメントで気軽に補う方法が一番効率が良いと言えるでしょう。 色々なメーカーからEPAのサプリメントが発売されていますが、メーカーの会員になっておくと安く購入することができますし、ドラッグストアなどで購入する際は、クーポンを利用すると、少しでもお得に購入することができます。 毎日魚を食べるのは、正直大変ですし、ある程度の栄養を摂取しようとすると、かなりの量を食べる必要があります。その点、サプリメントだと毎日必要量摂取できますし、コスト的にもお得になります。 気軽にEPAを摂取するには、サプリメントが一番です。

ちょっとした豆知識

先程述べたように、青魚にはEPAが多く含まれていますが、実は今流行りのスーパーフード、チアシードを食べることでも、EPAを摂取することができます。 チアシードは、オメガ3やミネラルや食物繊維などの栄養素が豊富に含まれており、美容と健康に最適の種子だと言えます。このチアシードに含まれているオメガ3系のリノレン酸は、一部体内でEPAとDHAに変わるため、チアシードを食べていれば、必然的にEPAも摂取できるいうことになります。最近は、あらゆるショップでチアシードが売られているため、手軽に購入することが可能です。 サプリメントでEPAを摂取しつつ、チアシードも食べることで、プラスアルファーのEPAが摂取できるようになります。 意外と知らない方も多いと思いますが、チアシードもおすすめです。